So-net無料ブログ作成
検索選択
ERROR: NOT PERMITED METHOD: name  記事一覧

ダイソー「ハンダごて」で布端の処理をしてみました~ [ ┣手芸・縫物]

ダイソー「ハンダごて」(500円税別)
IMG_7598-1.jpg
ダイソーの中では高価な商品ですが、
手芸用品にヒートカッターなるものは2~3千円くらいするので
ダイソーで「ハンダごて」を購入しました。

IMG_7599-1.jpg
化学繊維系の端処理にハンダごてを使うのは聞いたことがあったので。


実際には初めて使うのでどんなものか・・。
とりあえずセリアで購入した化学繊維(ポリエステル100%)で試してみました。
IMG_7600-1.jpg
オーガンジーとサテンのカフェカーテン2種類。

IMG_7607-1.jpg
サテン地から
花の模様を切り抜いてみます。

IMG_7609-1.jpg
やや(かなり)いびつですが切り抜けました(^^;
小さな模様を切り取るのは難しい・・
端処理(ほつれ止め)はできそうかな
(この状況だと説得力にかけますが、たぶんできると思います(・_・;)


IMG_7603-1.jpg
続きましてオーガンジー
こちらはすぐ溶けそう・・

IMG_7604-1.jpg
かなり溶けやすいのでサテンよりは簡単に切り抜けました。

IMG_7610-1.jpg
フロッキーっぽいアップリケなので、きれいにできたのかもしれません。


オーガンジーに刺繍してワッペンを作ってみました


お試しなので小さい簡単な図柄ということで
インディアカの羽根で
IMG_7613-1.jpg
もっとほかにわかりやすいモチーフがあるとは思いますが・・

小さいのでアップにすると雑に見える?!
オーガンジーの密度によると思いますが
針の穴が針の太さ以上に穴が開いてしまう感じで、やや刺繍しにくかったです。
慣れとかサイズとかで克服できる範囲かな。


IMG_7614-1.jpg
切り抜き後を(布だけ)見るとずいぶん大雑把にみえますが・・

IMG_7617-1.jpg
↑切り抜いたものです。
けっこういい感じです(#^^#)
(接着芯の上に置いています)

接着芯を同じ形に切り抜きます。

IMG_7618-1.jpg
リストバンドなんかにちょうどいい大きさです。
自分ではうまくできた、と思っています(^^♪


[スポンサードリンク]






:::::::::::::ちょこっとcolumn:::::::::::::
ワッペン作りが最近の課題?!なのですが
↓こちらが以前に作ったもので
IMG_5426-1.jpg
刺繍ワッペンを手作り
ワッペンの余白をどのくらいとるか検討中。

今回は余白のないもの
「ワッペン(アップリケ)を作るのにフチの処理をどうするか」
を検討してみました。

ハンダごてを使ったことはなくて、つまりハンダ付けをしたことがありません(^▽^;)
ハンダってなんだ??
(遠い記憶をたどってみましたが・・)電気回路なんてつくったことない・・。

金属を溶かす道具なので、ものすごーく熱くなります。
IMG_7619-1.jpg
裏の説明・注意書き
あくまでもハンダ付けについてですが。

手元にスイッチがないのが不便でした。
高熱の状態のものを切るのにコンセントを抜く、この作業がイヤかな・・。
気を付ければいいだけなんですけど。

なんせ300度以上の高温になるらしいので
すぐに切りたいんです。

ダイソーなら手元スイッチ付きコードとか売ってそうですよね、今度探してみます。


お道具箱↓グルーガン入れにしているお菓子の缶リメイクボックス
IMG_7620-1.jpg
ハンダごてもピッタリサイズで収まりました~
裏返して(缶の底で)作業しています。

スポンサードリンク


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。